太陽光発電は本当に得?

友人の家では太陽光発電システムがあり、電気代はほぼ0円との事で夏場は利益が出るとの事でした。
そんな話を聞くととても興味がわきました。
依然と比べると太陽光システムはどこのメーカーもだいぶ安くなっているようですが、気になるのが何年で元が取れるかという計算です。

メーカーによっては10年くらいと平気で説明していますが、本当かどうかはわかりません。
おそらく一番よい条件で話している思います。

また、私が気になるのは電機部品の寿命はどれくらいあるのかというところです。
10年間以上持てばもとは取れるかもしれませんが、故障となると高くつく可能性があります。
また、屋根に設置するため意外と足場の料金が高いのが気になります。

なかなか踏み切れない原因の一つは自宅の屋根です。
e12
ハウスメーカーは屋根のメンテナンスをしてから太陽光パネルを設置することを推奨しますが、
太陽光パネルの販売会社は太陽光パネルが雨を防ぐので屋根の補修は必要ないと言います。

各々の会社の思惑があるのかもしれませんが、どちらを信じてよいかわからず結局は設置できないでいます。
天気さえよければ発電してくれるので太陽光発電は身近なような気もしますが、やはりなかなか手が出ないのが現状ですね。

たまにテレビとかで自家用の風力発電システムの特集をしていたりしますが、今のところあまりメジャーではありません。
おそらく個人レベルで採用できるのは太陽光や風力になるのでしょうが設置が簡単に行る風力発電ができればかなり興味はわきますね。
風力発電においては風車が回る時の騒音があるみたいですがその問題も解決しているようでしたがあまり見かけませんね。
やはり需要が少ないのでしょうか?
自然の力をエネルギーに変換する技術は特に興味を持ちます。
さらに二酸化炭素を出さない技術であれば特に興味を持ちます。

原子力は事故が起きると取り返しがつかないことになるのでできればそれに代わるエネルギーで賄えるようになるといいですね。