友人の家では太陽光発電システムがあり、電気代はほぼ0円との事で夏場は利益が出るとの事でした。
そんな話を聞くととても興味がわきました。
依然と比べると太陽光システムはどこのメーカーもだいぶ安くなっているようですが、気になるのが何年で元が取れるかという計算です。

メーカーによっては10年くらいと平気で説明していますが、本当かどうかはわかりません。
おそらく一番よい条件で話している思います。

また、私が気になるのは電機部品の寿命はどれくらいあるのかというところです。
10年間以上持てばもとは取れるかもしれませんが、故障となると高くつく可能性があります。
また、屋根に設置するため意外と足場の料金が高いのが気になります。

なかなか踏み切れない原因の一つは自宅の屋根です。
e12
ハウスメーカーは屋根のメンテナンスをしてから太陽光パネルを設置することを推奨しますが、
太陽光パネルの販売会社は太陽光パネルが雨を防ぐので屋根の補修は必要ないと言います。

各々の会社の思惑があるのかもしれませんが、どちらを信じてよいかわからず結局は設置できないでいます。
天気さえよければ発電してくれるので太陽光発電は身近なような気もしますが、やはりなかなか手が出ないのが現状ですね。

たまにテレビとかで自家用の風力発電システムの特集をしていたりしますが、今のところあまりメジャーではありません。
おそらく個人レベルで採用できるのは太陽光や風力になるのでしょうが設置が簡単に行る風力発電ができればかなり興味はわきますね。
風力発電においては風車が回る時の騒音があるみたいですがその問題も解決しているようでしたがあまり見かけませんね。
やはり需要が少ないのでしょうか?
自然の力をエネルギーに変換する技術は特に興味を持ちます。
さらに二酸化炭素を出さない技術であれば特に興味を持ちます。

原子力は事故が起きると取り返しがつかないことになるのでできればそれに代わるエネルギーで賄えるようになるといいですね。

現行の世界のエネルギー事情から見るとまだまだ火力発電、原子力発電というところから簡単に脱却することは難しいように感じます。しかし、いずれ自然環境面、資源の枯渇から考えると代替エネルギーは必要です。

その中でも注目すべきは自然エネルギーでしょう。わかりやすいのは自動車の動力源です。ガソリンから電気とのハイブリッド、電気、さらには究極のエコカーとして水素自動車という流れが出来上がりつつあります。

これからは水素をいかにエネルギーに変えていくことができるかが大きなポイントです。一部のインフラ会社でも水素エネルギーを活用した生活のイメージがわくようなモデルケースをトレーラーで実演するところまで出来ています。

しかし、水素をエネルギーとして活用するに当たって、何よりも課題となるのはそこから発するのは化学反応による熱エネルギーだけではなく、爆発という危険性をはらんでいるということです。水素自動車を取り上げてみても、一般的な市民からも危険性は全くないのかといった質問が出るくらい大きな課題に捉えられています。これが一般の家庭や、様々な施設で利用可能かどうか、またはスマートシティという考え方でも問題なく利用できるかどうかは相当、実証を繰り返しながら出ないと安心できないのが実際のところだと思います。現状のエネルギー事情を鑑みた際にも原子力、火力なども危険と隣り合わせであることはリスクとして考えられています。確かに究極のエコなエネルギーとして水素はすばらしいものです。

人間社会を根本的に変えてくれるかもしれません。あとはいつの時代もついてまわる、実運用における課題、すなわち危険性や価格をいかに実現ベースに持ってくることが出来るかがポイント。日本がこのイニシアチブを握ることで世界に主導権を示すことが出来れば幸いです。
e11

従来の火力に頼るだけの発電では災害があったときに少し心許ないので、それ以外のエネルギーに注目の目を向けなければならないです。そこで徐々に脚光を浴びてきているのが風力です。風車を設置することで、風邪の強いッはそのエネルギーを発電に役立てます。もともと風の通り道となっているような場所に風車を置けば、それでどんどん発電することができます。
e10
風の吹いていない日はその成果をあまり発揮できないかもしれませんが、1日中風の強い日はチャンス到来です。風が吹いてさえいれば昼夜を通してずっと発電することができますので、それならかなりの電力を発電できるはずです。

この風力発電が注目に値するのは、周辺環境への悪影響がほとんどないということです。風車が回っているからといって何かを汚染させるわけではなく、とてもエコなエネルギーとして風力は発電に役立ってくれます。自然現象を利用してエネルギーを発生させるのは基本的にとてもエコですので、地球の環境汚染が心配されている現代では注目です。

風力によって発電できる風車をある程度たくさん設置しておけば、かなりの発電量が見込めます。それがいたるところに設置されれば、とてもエコで環境への影響が少ない発電を実現できます。もちろん言葉通り「風任せ」になってしまうデメリットがありますので、メインとしてではなくサブにはなってしまうかもしれません。それでも風力を使って効率的に発電することができれば、十分なフォローになることは間違いないです。

風車をどこに設置するのが最適なのかは事前によく下調べをしておかなければなりませんし、それに適した土地がどれくらいあるのかについても十分な検討が必要です。ですが、風力という自然発生するエネルギーをどんどん電力にかえることができれば、人の生活に十分役立ってくれるはずです。

【再生可能エネルギー】

e8
再生可能エネルギーとはその文字の通り、繰りかえし使える、循環するということになります。さらに踏み込んで誤解なく言えば、利用しても減らないということになります。身近にある例で言えば、屋根に取り付けられているソーラーパネルによる太陽光発電がよく見られるのではないでしょうか。太陽は利用しても減らないということになります。
その他にも再生可能エネルギーとして水力発電、風力発電、バイオマス発電といったものがあります。それに対して、火力発電、原子力発電というものは、その原料にそれぞれ石油、石炭などの化石燃料、ウランといった利用すれば無くなってしまう資源を使ってエネルギー化していることから枯渇性エネルギーと呼ばれています。私たちはこの地球で生きていますが、資源は無限ではなく有限だということは誰もが学校で教わっていることだと思います。

【要であるバイオマス】

e9
2011年3月11日に起きた東日本大震災の影響により原子力発電は順次停止、今では数えるぐらいしか稼働していません。それを補う為に火力発電が大部分を占めるなか、再生可能エネルギーは全体の割合の数パーセントにしか過ぎないのが現状です。それは減らない資源は存在していても、有効利用としての限界示していることにもなります。設置場所の条件や自然の状況に左右されやすいなど課題が大きいからです。しかし、この先の未来に地球を残すのならば再生可能エネルギーに注目しない訳にはいかないのも事実です。そこで特に自然環境に依存しにくいバイオマスエネルギーに注目して頂きたいです。依存しにくいとは技術進歩によって自由にエネルギー化させることが出来る可能性を秘めていることを意味します。例えば、ミドリムシで発電、藻オイルの生成など聞いたことはないでしょうか。安定して大量に供給できる仕組みがシステム化されれば十分に再生可能エネルギーで循環型社会を目指すことは可能になっていくはずです。

最後になりますが、この機会に再生可能エネルギーについて興味を持って頂けると嬉しく思います。

エコな発電方法として風力や太陽光はかなり周知されていますが、波力発電はまだまだ普及どころか知っている人も少ないかもしれません。

しかし島国である日本は四方を海に囲まれています。港や海産物の養殖場など、設置の難しい場所もあるでしょうが、発電できる可能性のある場所は日本中にあります。しかも波力発電の要である波は、海がある限り永久的に発生するものです。燃料を輸入に頼る火力発電と違い、自国ですべて賄えます。原子力発電のように、安全性で問題になることもなさそうです。同じ自然エネルギー発電と比較すると、太陽光は夜は発電できないし、風は止まってしまうこともしょっちゅうです。また、光害や低周波音による騒音問題のような、近隣住民に迷惑がかかることもあります。日本は火山大国なので地熱発電も魅力的ですが、国立公園内で工事ができなかったり噴火の危険性など安全面でも課題があるようです。それらに比べたら発電の安定性は抜群、危険もなさそうだし住民に迷惑がかかることもないと思うのです。
e7
もちろんデメリットもあるようで、海中で工事を行うので設置費用が高額になったり、海藻や貝類が付くなど頻繁なメンテナンスが必要ということもあるようです。しかし、発電効率は太陽光などに比べるとずっと良いといいます。資源の少ない日本だからこそ、もっと波力発電の研究が進み普及するようになれば、今問題になっている様々なことが解決するのではないかと思います。むしろ、何故今まで研究あまり進んでこなかったのかが不思議です。過去には注目されたこともあったようですが、日本では長らく研究が活発ではなかったようです。現在は実験施設が作られたり、試験運用で電力を供給しているところがあったりと再び脚光を浴びつつあります。

島国日本では、波力発電が主流になる時がいつかくるのではないかと思っています。

e6
皆さんは、「ユーグレナ」をご存知でしょうか?

少し前に、食品としてはやっていたので、聞いたことのある方も多いでしょう。
ユーグレナとは、「ミドリムシ」のことです。

栄養価が高いということで、
健康食品や、ドリンクとしてネットショップなどでかなり話題になっていました。

多くの人は、最初に聞いたときにかなり驚いたのではないでしょうか?
その原因の大きな要因としてその名前があるでしょう。

「ムシ」とついているものを食べることには抵抗がある。
そういった意見も多くありましたが、
実際にはミドリムシは、植物に分類されます。
葉緑体を持ち、光合成も行います。

健康食品として体験したことのある人も多いかと思いますが、
実はこのユーグレナ、食品としてだけではなく燃料としても有能なのをご存知でしょうか?

昨今、地球温暖化に対しての意識も高まっている中で、
日本としてはそれに加えて、自国で石油等が取れないことも問題となっております。

そんな中で、ユーグレナが燃料として使えるのです。
現在問題となっているのは、ユーグレナを量産するのに技術的な問題があるそうなのですが、
一部地域では試験的にバスをユーグレナを燃料として運航している地域もあるそうです。

さらに、ユーグレナが植物であることは前述しましたが、
葉緑体を持っていて、光合成をすることから

①生産した段階で二酸化炭素が減る。
②燃やして燃料にして二酸化炭素が増える。

という構図が成立するので、単に燃やして二酸化炭素が増えることによる地球温暖化の図式とは違い、
二酸化炭素の量を増やすことを防ぐ効果も期待できます。

他の電力に関してはその電気を作るためにそれよりも多くの二酸化炭素を輩出するという話が多いために、
個人的にはこのユーグレナのエネルギー化という分野に期待しており、
今後も発展していってほしい分野の一つであります。

もっとも注目したいエネルギーは、太陽光発電です。現在の社会では原子力発電に不安や反発の声が多い中、安全で環境にも配慮したエネルギーを開発する必要性が高まっています。原発推進派の一番の拠り所が電力不足の解消にあるとすれば、原子力に頼らなくても電力の必要量を確保できる社会の仕組みを構築していくことが求められます。
その場合、社会全体で取り組むためには、個人や事業所単位でも参加できるような計画でなければ実現は難しくなります。言い換えれば、導入のしやすさがポイントになるといってよいでしょう。同時に環境保護が叫ばれている時代でもあり、エコな電力であることも必要な要素になってきます。
エコという意味では、自然由来の発電方式である必要がありますが、風力発電、水力発電、地熱発電などいくつか候補があります。しかし、それらの発電には大規模な敷地や開発コストがかかるというネックがあります。そこで小規模な敷地やマンション、個人の住宅などでも導入可能なソーラーパネル設置による太陽光発電に注目が集まっています。
有名企業が太陽光発電事業に進出している事例も見られますが、身近なところでは、マンションの大規模修繕が必要になった時に、既存の建物をリノベーション化し、ソーラーパネルを設置して太陽光発電を取り入れるという好事例も見られます。マンションであれば発電した電力を活かして共用部分の電力費を賄い、管理費の値下げという形で所有者に還元することも可能になります。
このような動きが個人住宅も含め、社会全体に広がっていけばエコ化に貢献でき、同時に電力不足にも対応できる理想的な社会を実現することもあながち無理な話ではありません。
国や地方自治体も補助金という形で、リノベーション開発希望者を支援していけば、官民一体となったエネルギー対策になるでしょう。

いまや、私達の生活になくてはならない電気。
日本では近年、電力自由化の影響で様々な発電方法へ関心が高まっていますが、それでは電気を生み出すものといえば、みなさん何を思い浮かべますか?
火力、水力、原子力…。
このような発電方法が日本では?メジャーです。
いやいや、地球に優しい自然エネルギーだよ!なんていう方も多いのではないでしょうか?
では自然エネルギーでは?
太陽光発電、風力発電などが挙げられますが、自然エネルギーの中でも、波力発電は知っていますか?
e4
波力発電とは、波力が原動力の発電方法で、おおまかにいえば波の動きにより、発電装置の中の空気も動き、その風によりタービンを回すことで発電する方法です。

周りを海に囲まれている日本では装置を設置できるところが多くあり、土地の問題がありません。また他の発電方法に比べてエネルギーの交換効率がよく、装置も大型ではないことより、いま注目を集めています。
効率の良さは太陽光発電の20倍近くにもなるんです。
また風が吹かないとき、空が曇ってるときはありますが、波が全く吹かないときはないですよね。そのため、波力発電は安定したエネルギー捉えられています。
更に、まだ開かれていない新しい産業
なので、新市場への期待も広がっているのです。

しかし、いいことづくめの太陽光発電にも問題があります。海洋生物に問題があるかもしれない、コストが高い、漁業に問題が生じる可能性がある、津波時など災害で大きな被害が出ないか、などです。
また、日本には新エネルギーに補助金が出る制度がありますが、波力発電には適応されないんです。

コストの高さなどから敬遠されていますが、今後技術が高まり、安定した供給ができるようになれば、発電の選択肢はもっと広がります。
現在依存している化学燃料から脱却でき、私たちの生活も変わっていくかもしれませんね。

電力自由化で本当に電気料金は安くなるのか

電力自由化が始まって多くの方がこれから電力会社の競争が始まって電気料金が安くなる事を期待しているかと思います。

ですが、中には本当にそれでこれまでよりも電気料金が安くなるのか疑っている人もいるかと思います。

確かに電力自由化が始まって多くの企業が電気事業に参入したと言ってもそれだけで電気代が安くなる道理はないです。
e5
その根拠はいくら多くの企業が電気事業に参入しても所詮これまで電気事業を独占してきた電線を使って電気の供給をする事になるので既存の電力会社に電線の使用料を払って電気の供給をする仕組みが改められない限り今の電気代が劇的に安くなる事は期待できません。

では、これから先も電力自由化になっても電気代が安くなる事はないのかというとそうでもないです。

確かに今現在は発送電分離ができていないので新規に参入した電力会社もすごく安い料金で電気を供給する事はできない状況です。

ですが、その状況が今後もずっと続くのかというとそういう事はないです。なぜなら、国がせっかく電力自由化を推進している中で発送電分離を許さないというスタンスを取っていたら結局電気代が安くなる事がないので意味がないです。

ですから、これから先に何か動きがあるのは間違いないです。
でも電力自由化が始まったばかりの今時点において劇的に
電気代が安くなるのは期待できません。

これから先に発送電分離が上手くいく流れになれば確実に
電気代は安くなっていく事が予想できます。

でもそれはこれから先の電気の供給の仕方に大きな変化が起きた場合に限るとだけ言っておきます。でないと、これまで使ってきたインフラを使って電気を供給するしかないなら新規に参入してきた電気事業者は既存の電力会社に対抗する手段がないからです。

でも、いずれは既存のインフラを使わずに電気を供給できるようになるかと思うのでそうなれば電力自由化で電気料金も安くなります。