自然エネルギーが究極のエコ

現行の世界のエネルギー事情から見るとまだまだ火力発電、原子力発電というところから簡単に脱却することは難しいように感じます。しかし、いずれ自然環境面、資源の枯渇から考えると代替エネルギーは必要です。

その中でも注目すべきは自然エネルギーでしょう。わかりやすいのは自動車の動力源です。ガソリンから電気とのハイブリッド、電気、さらには究極のエコカーとして水素自動車という流れが出来上がりつつあります。

これからは水素をいかにエネルギーに変えていくことができるかが大きなポイントです。一部のインフラ会社でも水素エネルギーを活用した生活のイメージがわくようなモデルケースをトレーラーで実演するところまで出来ています。

しかし、水素をエネルギーとして活用するに当たって、何よりも課題となるのはそこから発するのは化学反応による熱エネルギーだけではなく、爆発という危険性をはらんでいるということです。水素自動車を取り上げてみても、一般的な市民からも危険性は全くないのかといった質問が出るくらい大きな課題に捉えられています。これが一般の家庭や、様々な施設で利用可能かどうか、またはスマートシティという考え方でも問題なく利用できるかどうかは相当、実証を繰り返しながら出ないと安心できないのが実際のところだと思います。現状のエネルギー事情を鑑みた際にも原子力、火力なども危険と隣り合わせであることはリスクとして考えられています。確かに究極のエコなエネルギーとして水素はすばらしいものです。

人間社会を根本的に変えてくれるかもしれません。あとはいつの時代もついてまわる、実運用における課題、すなわち危険性や価格をいかに実現ベースに持ってくることが出来るかがポイント。日本がこのイニシアチブを握ることで世界に主導権を示すことが出来れば幸いです。
e11