知ってる?波力発電!

いまや、私達の生活になくてはならない電気。
日本では近年、電力自由化の影響で様々な発電方法へ関心が高まっていますが、それでは電気を生み出すものといえば、みなさん何を思い浮かべますか?
火力、水力、原子力…。
このような発電方法が日本では?メジャーです。
いやいや、地球に優しい自然エネルギーだよ!なんていう方も多いのではないでしょうか?
では自然エネルギーでは?
太陽光発電、風力発電などが挙げられますが、自然エネルギーの中でも、波力発電は知っていますか?
e4
波力発電とは、波力が原動力の発電方法で、おおまかにいえば波の動きにより、発電装置の中の空気も動き、その風によりタービンを回すことで発電する方法です。

周りを海に囲まれている日本では装置を設置できるところが多くあり、土地の問題がありません。また他の発電方法に比べてエネルギーの交換効率がよく、装置も大型ではないことより、いま注目を集めています。
効率の良さは太陽光発電の20倍近くにもなるんです。
また風が吹かないとき、空が曇ってるときはありますが、波が全く吹かないときはないですよね。そのため、波力発電は安定したエネルギー捉えられています。
更に、まだ開かれていない新しい産業
なので、新市場への期待も広がっているのです。

しかし、いいことづくめの太陽光発電にも問題があります。海洋生物に問題があるかもしれない、コストが高い、漁業に問題が生じる可能性がある、津波時など災害で大きな被害が出ないか、などです。
また、日本には新エネルギーに補助金が出る制度がありますが、波力発電には適応されないんです。

コストの高さなどから敬遠されていますが、今後技術が高まり、安定した供給ができるようになれば、発電の選択肢はもっと広がります。
現在依存している化学燃料から脱却でき、私たちの生活も変わっていくかもしれませんね。

電力自由化で本当に電気料金は安くなるのか

電力自由化が始まって多くの方がこれから電力会社の競争が始まって電気料金が安くなる事を期待しているかと思います。

ですが、中には本当にそれでこれまでよりも電気料金が安くなるのか疑っている人もいるかと思います。

確かに電力自由化が始まって多くの企業が電気事業に参入したと言ってもそれだけで電気代が安くなる道理はないです。
e5
その根拠はいくら多くの企業が電気事業に参入しても所詮これまで電気事業を独占してきた電線を使って電気の供給をする事になるので既存の電力会社に電線の使用料を払って電気の供給をする仕組みが改められない限り今の電気代が劇的に安くなる事は期待できません。

では、これから先も電力自由化になっても電気代が安くなる事はないのかというとそうでもないです。

確かに今現在は発送電分離ができていないので新規に参入した電力会社もすごく安い料金で電気を供給する事はできない状況です。

ですが、その状況が今後もずっと続くのかというとそういう事はないです。なぜなら、国がせっかく電力自由化を推進している中で発送電分離を許さないというスタンスを取っていたら結局電気代が安くなる事がないので意味がないです。

ですから、これから先に何か動きがあるのは間違いないです。
でも電力自由化が始まったばかりの今時点において劇的に
電気代が安くなるのは期待できません。

これから先に発送電分離が上手くいく流れになれば確実に
電気代は安くなっていく事が予想できます。

でもそれはこれから先の電気の供給の仕方に大きな変化が起きた場合に限るとだけ言っておきます。でないと、これまで使ってきたインフラを使って電気を供給するしかないなら新規に参入してきた電気事業者は既存の電力会社に対抗する手段がないからです。

でも、いずれは既存のインフラを使わずに電気を供給できるようになるかと思うのでそうなれば電力自由化で電気料金も安くなります。