日本のような島国にピッタリ⁉︎波力発電

エコな発電方法として風力や太陽光はかなり周知されていますが、波力発電はまだまだ普及どころか知っている人も少ないかもしれません。

しかし島国である日本は四方を海に囲まれています。港や海産物の養殖場など、設置の難しい場所もあるでしょうが、発電できる可能性のある場所は日本中にあります。しかも波力発電の要である波は、海がある限り永久的に発生するものです。燃料を輸入に頼る火力発電と違い、自国ですべて賄えます。原子力発電のように、安全性で問題になることもなさそうです。同じ自然エネルギー発電と比較すると、太陽光は夜は発電できないし、風は止まってしまうこともしょっちゅうです。また、光害や低周波音による騒音問題のような、近隣住民に迷惑がかかることもあります。日本は火山大国なので地熱発電も魅力的ですが、国立公園内で工事ができなかったり噴火の危険性など安全面でも課題があるようです。それらに比べたら発電の安定性は抜群、危険もなさそうだし住民に迷惑がかかることもないと思うのです。
e7
もちろんデメリットもあるようで、海中で工事を行うので設置費用が高額になったり、海藻や貝類が付くなど頻繁なメンテナンスが必要ということもあるようです。しかし、発電効率は太陽光などに比べるとずっと良いといいます。資源の少ない日本だからこそ、もっと波力発電の研究が進み普及するようになれば、今問題になっている様々なことが解決するのではないかと思います。むしろ、何故今まで研究あまり進んでこなかったのかが不思議です。過去には注目されたこともあったようですが、日本では長らく研究が活発ではなかったようです。現在は実験施設が作られたり、試験運用で電力を供給しているところがあったりと再び脚光を浴びつつあります。

島国日本では、波力発電が主流になる時がいつかくるのではないかと思っています。